Pocket

今回はアメリカジョッキークラブカップAJCC2018出走馬の最終追い切り診断と有力馬診断を書いていきたいと思います。調教映像みて比較できる馬に関しては比較して行きたいと思います。

出走予定だったブラックバゴは肺出血のため回避ってことで更に少頭数になってしまいましたね。世間ではゴールドアクターvs4歳馬って取りあげられてますけど、どうなることでしょうかね〜ダンビュライトもずっと重い印つけてきた馬だから買いたい気持ちは大きいし、賞金面で考えてもそろそろ賞金積まないとローテが難しいことになるし気合いは入ってると思っています。

ミッキースワローは重賞勝ちがあるんで、賞金面ではそこまでなのでここ狙ってってことはないと思うけど、同舞台の中山2200で勝ち鞍があるっていうのは魅力的ですしね。

予想印を考える前に、最終追い切りをみて、各馬の診断も行っていきたいと思います。

今週の栗東は霧というのかモヤというのか映像で馬を確認できるのは最後の方だけですねw

それでは各馬について見て行きましょう!

ゴールドアクター

1/8 坂路 53.3-39.8-13.3 
1/17 南W 79.8-66.0-52.5-39.2-13.6 併せ馬で馬なりで併入

12月の最初から調教スタートして、1/8坂路で1年間では自己ベスト、最終追い切りいは馬なりで併入ですね。

<特徴>
中山(4-1-1-2)
2200m(2-2-0-0)

コース成績とか距離成績とか抜群ですね。最終追い切りみて…むっず〜〜馬なりなんですよね。併せてる馬の方が更に余裕でしたからね〜判断が難しいです。軸には怖いかな…普通に地力でもってこられるかもしれませんが判断が難しいです。

ショウナンバッハ

1/11 美浦坂 50.7-37.4-12.7 
1/17 美浦坂 51.3-37.4-12.2 終い追われる

一週前の段階で自己ベストだしてて、最終追い切りも終い12.2ですからね。状態面は抜群にいいと判断しています。

<特徴>
中山(0-0-1-6)
2200m(1-0-2-5)

2200とか非根幹だったら可能性あると思ってるんですけど、去年は体重が絞れてなかったのもあると思うけど、中団につけてしまうと良さが半減してしますね。オールカマーももうちょっとなんだけどね〜そういう馬だから軸には不向きだけど今回は人気しそうだからダメだね〜穴軸はこの馬と思ってたけど穴にならないw

シホウ

1/11 坂路 54.0-39.9-13.3 
1/17 坂路 52.7-38.7-13.2 一杯に追われて併せ馬に追いていかれる

アルゼンチン前くらいの出来にはある感じですが、併せ馬にブッチギリられる状態です。

<特徴>
中山(0-0-0-1)
2200m(1-1-2-3)

2200mはいいと思うんですけど力関係でしょうね。

ダンビュライト

1/11 坂路 53.8-39.4-12.8 
1/17 坂路 51.7-38.1-13.0 併せ馬で追われて先着できず

霧ではじめの方が見れないんですけど見えた時には追われてるけど、併せ馬の方が優勢

<特徴>
中山(0-0-2-0)
2200m(0-0-0-0)

中山は皐月賞と弥生賞で3着にきてるのでこなせるし距離もこなせると思っています。状態面がどうかですね。正直あの最終追い切りでは微妙。

ディサイファ

1/10 美坂 55.6-40.9-12.9 
1/17 美坂 53.6-39.2-12.1 併せ馬で追われて併入

最終追い切りは追われて併入ですが、併せ馬は馬なりで余裕でした。

<特徴>
中山(1-2-2-5)
2200m(1-0-0-2)

2016年頃から戦績がズタボロ…併せ馬にも余裕でやられてるのでよくなるとはないでしょう。3着ならという感じでしょうかね。

トーセンビクトリー

1/11 坂路 54.6-38.9-12.5 
1/17 CW 85.6-68.6-52.6-37.7-11.8 3頭併せの中(7,8分所)で馬なり

いつもコースはいいタイムだしてくる馬なので今回もいつも通りという感じですね。

<特徴>
中山(1-0-0-1)
2200m(0-0-0-1)

前走の有馬記念は大穴で期待していましが、残り200でもみくちゃされて不利受けての惨敗でした。道中も行きたがっての我慢の競馬で4角でこれはいくかもと思わせるくらい見所がありましたが距離も長いのかな。

トミケンスラーヴァ

1/17 南W 71.3-56.4-41.7-13.2 3頭併せ外で馬なりで2頭に追いていかれる

去年も金杯でてるのに比較できる調教映像はないので調教からは判断できませんね

<特徴>
中山(1-2-0-6)
2200m(0-0-0-0)

中山はこなせる土台はありますね。前走の万葉ステークスは生で見てたので覚えていますが、斤量差があったとはいえ強かったですからね。晩成型と考えると怖い一頭ではありますね。調教とかでは買えないけど…

マイネルディーン

1/17 南W 54.8-40.5-13.0 大外を馬なり

いつも通りですね。

<特徴>
中山(1-1-0-7)
2200m(1-0-0-7)

最近の戦績ではオープンで3着がやっとという感じで抜群に雰囲気がいいとかでもないので厳しいかなと思っています。

マイネルミラノ

1/17 南W 72.4-56.2-41.4-13.2 大外を馬なり

いつも通りですね。

<特徴>
中山(4-1-0-9)
2200m(0-0-0-3)

丹内だったらピンカパーだけど、今回は大知だから崩れることなく展開が向いたら掲示板って感じだと思っています。まあ根本的に夏に買う馬だからここ最近の寒さでは無理だと思っています。

ミッキースワロー

1/17 南W 67.4-52.7-38.7-12.6 単走で馬なりで合図とともに羽根生える

いつもコースはいいタイムだしてくる馬なので今回もいつも通りという感じですね。

<特徴>
中山(2-0-0-1)
2200m(2-0-0-1)

この馬は中山巧者であることは間違いない。頭が高い走法で坂で首下げる系の馬は減速してるうちにこの馬はスピードのって平坦なった瞬間に突き放すっていうのが勝ちパターンですね。その分切れ味系ではないので京都とか平坦だと切れ味で負けて差されるのが特徴と思っているので、中山なら信頼度は高いです。調教でも羽根が生えたので、馬券内という意味では信頼できそう。
ただ人気だから面白くもなんともない。

ハッピーユニバンス

1/11 坂路 54.6-38.9-12.5 
1/17 CW 85.6-68.6-52.6-37.7-11.8 3頭併せの中(7,8分所)で馬なり

いつもコースはいいタイムだしてくる馬なので今回もいつも通りという感じですね。

<特徴>
中山(1-0-0-1)
2200m(0-0-0-1)

距離的にも2000は射程だけど完全に新潟巧者ですからここで買うのは違う気がしますよね。平坦がいいんだと思っています。

レジェンドセラー

1/17 南W 81.5-66.4-51.6-37.7-12.5 3頭併せの内(3分所)で追われて突き放す

Wコースであんな内回ってくる馬は珍しいですが、直線入って一瞬で差していきましたね。なかなかの動きです。

<特徴>
中山芝(0-1-0-0)
2200m(0-1-0-0)

前走でサンタフェチーフにも勝ってるし連勝の勢いは怖い所ですね。ルメールも継続ってことで警戒しています。調教の動きが映像で比較できるのが2016年のものだったのでさすがにあんまり参考にならないけど、追われてからスッと伸びる感じはいいですね。距離も問題ないし中山も問題ない。なかなかスピードのりきれないけど、マックススピードは相当ありそうですから外枠希望だね。少頭数は最高の条件だと思います。

最終追い切りもみて買いたい穴馬は、いつも通りブログランキングで発表したいと思います。


バゴ回避でショウナンバッハは人気しそうだから辞めてこっちにします。鞍上も継続で、前走の負けもあって人気することはないと思っていますので非根幹で中山ならこの馬の台頭があっても不思議ではないです。前走と同じように直線向く頃に前から三頭目くらいまでにいてそっからジワジワと伸びるイメージでよろしくです。

その穴馬とは→人気ブログランキングへ

<1/20更新>

アメリカジョッキークラブカップ過去10年の傾向と最終予想