Pocket

今回は有馬記念の一週前追い切り診断と有力馬の特徴や状態面を書いていきたいと思います。

週初めから有馬記念特集とかキタサンブラック特集とか新聞とかネット記事でも多くて、有馬記念だなと感じています。今年はホープフルが木曜にあるのでそこまで今年最後感はないけど、キタサンブラックの引退レースっていうのだけでもいつもよりは注目度高いでしょう。

一週前追い切りとか普段の調教でもこの季節になって良くなってくる馬もいるし、中山と言えば中山巧者を探す醍醐味もありますからね。

もう出走馬は決まってるので全頭有力馬という判断で各馬の一週前追い切りと特徴を見ていきましょう!

カレンミロティック

12/13 CW 84.5-67.8-53.0-39.7-12.7 併せ外(7,8分)完全に置いていかれてしまった

時計が早い今週のCWでは併せ馬にむちゃくちゃ離されてしまいましたね。年齢もあるし調教で判断するようなタイプではないと思います。

<特徴>
中山(0-0-0-3)
2400m~(0-2-2-10)

なんと有馬記念2013年に出走していたこの馬が2017年に出てくるとはびっくりですよね。9歳になってからは2戦して8着、5着と馬主孝行であることは間違いありません。前走をみても斤量差を普通に考えたら3着には入れる走りをしていますので、今回も馬主孝行してくれるんじゃないかと思っています。キタサンブラックがいるレースで逃げ馬が残ることはないと思うので今回は軽視する予定です。

キタサンブラック

12/13 CW 95.0-78.6-64.1-50.6-37.9-12.2併せ馬で大外で直線入って1Fだけ追われて併入

この馬の動きとしては平凡だと思います。今週はCWのタイムが軒並み早いので動きとか併せてる馬も見ていかないと時計だけでは判断できませんので注意が必要ですね。現時点で引退レースに恥ずかしくないレースをするために勝負かけてくると思ってますが、一週前の段階ではそこまで感じません。最終追い切りもそこまでだったらどないしようか悩むやつ。

<特徴>
中山(2-1-2-0)
2400m~(5-1-2-1)

恐ろしい成績の馬ですよね。唯一G1勝ってないのが中山なんですよね。天皇賞秋を勝ったことで、宝塚記念は馬場の影響ではなかったと考えることもできるので、やはり叩き3戦目っていうのがパフォーマンス落とすのが影響すると。そして、前走の負け。ジャパンカップは逃げ馬にはきついレースなのは周知だけど、去年は圧倒的な強さでねじ伏せたのに今年は2頭に差されてますからね。落鉄でというのはあるでしょうけど、なかってもシュヴァルにはやられたと考えています。つまりピークアウトしてることは間違いないので、苦手な叩き3戦目でピークアウト、中山とくれば、黒王号も危ういと疑っています。
ただね〜今年のメンバーが弱すぎる…最終追い切りも見て最終的にどう判断するかですね。

クイーンズリング

12/13 CW 99.3-81.5-65.7-51.0-37.3-11.63頭併せ内(6,7分)直線追われて1馬身くらい先着

しっかり長い所からの追われて突き放すといういい調教ですね。輸送もあるし最終は軽めだと思うけどいい感じですね。

<特徴>
中山(2-0-0-0)
2400m~(0-0-0-1)

2400ですらオークスにしか出走経験がない馬で距離不安がないと言えば嘘になりますよね。吉田千津馬で主戦ミルコっていうのが定番だったけど前走はクリスチャンで、今回はルメールと権力には逆らえない感じなんでしょうwwそれでもまったく可能性ないかというとそうでもない。調教でも動いてるしマンカフェだから距離をこなせても不思議ないし中山コースが鬼強って可能性もないことはない。未知の魅力が満載なので穴で1番期待しています。

サウンズオブアース

12/13 CW 83.3-66.6-51.3-37.9-11.7  併せ馬内(7,8分)馬なりできて併入

併せ馬の動きもよくて併入か角度的にも微妙に分からないくらいです。この馬にしてはタイムも平凡です。

<特徴>
中山(0-2-0-2)
2400m~(0-6-0-10)

ここまでずっと追いかけて来ましたが、2016年がピークであったと考えるべきかと思っています。調教では動くんですよね。それでも一週前はいつも好タイム出す馬にしては平凡なタイムなので厳しいんじゃないかと思っています。

サクラアンプルール

12/14 美浦坂 52.7-37.9-12.2 併せで併入

12月に入ってから坂路ですね。併せてる馬は必死に追ってるけど、この馬は完全に馬なりでこのタイムなので状態面はいいですね。

<特徴>
中山(3-1-1-2)
2400m~(0-0-0-0)

え?中山つっよって思ったけど2000以上が未経験っていうギャンブル感が満載の馬ですね。好枠入ってロスなくいければ可能性あるかもしれませんね。蛯名はマリアライトで痛い目あわされたので紐にいれるかどうかも悩ましいくらいですけどね。枠出てからですね。

サトノクラウン

12/14 南P 65.6-50.5-36.4-11.5  併せ内(5,6分所)で直線入っておされても差し切れず

なぜこのタイミングでポリなのかしら?ってことはおいといて併せ馬はひっぱられて抑えられてるのに、この馬は押して押してって感じでのこのタイムです。そもそも動くタイプじゃないというのはあるけど今回はポリでスピードつけてくる感じなんですかね。

<特徴>
中山(1-0-0-1)
2400m~(1-0-1-1)

言わずもしれた馬場悪の鬼。良馬場だとスピードが足らないということでジャパンカップは大敗。当日の馬場次第でしょうね。中山は力いるから馬場悪くなったら可能性は全然ありでしょうね。パンパン良馬場だったらやっぱり厳しいと思っています。香港じゃなくて有馬を選んだのが1番気になってるんですけどね…ムーアも怖いね。

サトノクロニクル

一週前映像なし 

<特徴>
中山(0-1-1-0)
2400m~(0-0-0-1)

この馬の取捨が難しいですよね。最終追い切りをみて判断したいと思います。

シャケトラ

一週前映像なし  

<特徴>
中山(1-0-0-0)
2400m~(2-1-0-2)

初重賞制覇をしたのが中山の日経賞。鞍上不安よね…とりあえずそこだけが1番の不安なだけです。人気もそこまでしないと思いませんので積極的に狙いたい1頭と考えています。中山もいいし距離もこなせるので好枠で好位で溜めれたら可能性はあるんじゃないかと思います。外人にしてくれよ…

シュヴァルグラン

12/14 CW 82.7-65.8-51.3-37.9-12.33頭併せの内(5分所)で追われて先着できず

雪積もっててどこ?って思うけど栗東です。全然動いてないですね。ムチ打たれてちょっと伸びてきてたけどコーナーもぶれてるしね

<特徴>
中山(0-0-0-1)
2400m~(6-3-3-1)

難しい馬ですよね。2400m以上のレースで馬券外って去年の有馬記念だけwこれをどうとらえるかだと思ってるんですよね。当然力があるのは誰でもわかる。去年は福永の心配をして、今年はシャケトラで福永の心配をしてることに気づいてウケたw今年はボウマンですからね。好枠に入ったら間違いなくいいレースしてくれるでしょうね。ハーツクライですからね〜中山が無理ってことはないんですけどグランプリが嫌いタイプっていうもあるんじゃないかと思ってしまいますよね。

スワーヴリチャード

12/14 CW 95.8-79.0-63.0-49.4-36.5-11.8 併せ馬外(6,7分所)を馬なりできて残り100mくらい追われて突き放す

前走の前よりも明らかにいい動きです。追われてからのフォームがいいんですよね。右回りはちょっと克服したのかとも思える走りですね。

<特徴>
中山(0-0-0-1)
2400m~(6-3-3-1)

この馬の特徴については周知されてるのでわざわざ書く必要もないけど、調教映像みると5月頃の馬と別馬みたいな筋肉な馬になってるのがすごい分かります。調教はもともと動くしタイムもでる馬なのでタイムがいいからといって過信できませんが競走馬らしい体で大物なのかもと思う雰囲気を感じます。前走は相手がよわかったからここでどれだけやれるのか楽しみですね。それでも右手前と左手前では足のスムーズ差に差を感じるけどね。

トーセンビクトリー

一週前映像なし 

<特徴>
中山(1-0-0-0)
2400m~(0-0-0-0)

G3までは好走できるけどそれ以上になるとどうしてもダメだということですね。よくあるタイプですね。

ブレスジャーニー

一週前映像なし 

<特徴>
中山(0-0-0-0)
2400m~(0-0-0-1)

去年のサウジRCと東スポ2歳でも重視してお世話になった馬で菊花賞で戻って来た時のパドックみてやれそうだと思ったんですけどね〜前走は伸びきれず3着。バトルプラン産駒ってデータもないから未知すぎて難しいですよね。母父もタニノギムレットだしね〜だけどあの馬体みたら今後走ってきてもおかしくない。最終追い切りみて判断してもいいかなと思っています。

ミッキークイーン

一週前追い切り映像なし

<特徴>
中山(0-0-0-1)
2400m~(1-0-0-0)

距離的なイメージだと1600-2000がベストっぽいけどね〜2200とか非根幹ならいけると。去年の有馬記念も離されてはいるけど5着まできてる。ただこの馬の持ち味は末脚だから中山で上がり3位っていうのがきついのかもしれないのと思うとそこまで信頼できるわけでもないんですよね。よくもわるくもディープっていう感じですからね。紐には絶対入れたいけど軸にはできないと思う感じです。

ヤマカツエース

12/13 CW 81.1-64.4-50.5-37.6-12.3  単走で8,9分所回ってきてちょっと押されてる感じ

いつものこの馬にしては抑えて平凡っていう感じですね。

<特徴>
中山(2-0-0-1)4着一回
2400m~(0-0-0-2)

この馬に関しては中山巧者くさいですよね。しかも去年よりも今年の方がパフォーアンスあげてきてなので今年は期待できると考えています。去年は前の3頭以外では唯一可能性を感じた1頭でしたからさらに良いとなると自然と期待してしまいますよね。ただ一週前追い切りはかなり控えめです。最終はどういう調教になるのか楽しみでありますね。

ルージュバック

12/13 美坂 58.4-43.5-13.5  馬なり

<特徴>
中山(1-1-0-1)
2400m~(0-1-0-2)

この馬の取捨も難しいですよね。オールカマーでまさかの1着。これは中山でいいのではとも思えてくるけど、一昨年の有馬は惨敗ですからね。一週前の追い切りをみても何も分からないので、最終追い切りをみて判断していきたいと思います。

レンボーライン

12/13 坂 56.0-40.1-12.8  馬なり

最近ずっとこういう調教ですよね。

<特徴>
中山(0-0-0-1)
2400m~(0-1-0-5)

この馬に関しては馬場悪くなったらチャンスが転がってきますよね。日経賞でシャケトラに負けてるのが良馬場での実力だと思ってるんですけどね。ただ確実に追い込んでくる馬ですから枠次第では面白いんじゃないとも思っています。この馬もずっと追いかけてきて天皇賞で裏切ったら裏切られたので、もう手放しましたw

こんな感じで全頭見てきましたが一週前追い切りをやってないとか、軽めだった馬に関しては今週の最終追い切りを確認して、輸送組は最終は軽めでしょうから気にせずこの状態面でという感じで予想を組んで行きたいと思います。明日が最終追い切りですが映像みれるのが木曜なので、木曜に最終追い切り診断を記事にします。

一週前追い切りを見て狙いたい馬が2頭、いつも通りブログランキングで発表したいと思います。

本命サイドにつけいる隙あり!!穴馬を積極的に狙っていくレースという位置づけにしていますので穴馬をチョイスしていきます!

その2頭の穴馬とは→人気ブログランキングへ

<12/21更新>

有馬記念2017 最終追い切り診断&調教予想

<12/22更新>

有馬記念2017 過去10年の傾向&追い切り診断予想「勝負の3連単は3着祭り」