Pocket

※この記事は、パスワード付で一般に公開していませんので、こっそりとお楽しみください。
※個人的な調査と経験をもとに書いてます

仮想通貨って何やろ?っていうのは、ググれば山のように出てくるので割愛。

ブログの記事でも書きましたが、仮想通貨でも穴狙いな私ですので、ビットコインやイーサリアムみたいなのにはまったく興味はなく、草みたいな価格帯の跳ねたらすぐ100倍とかいくような草コインを香港の取引所とかで買って売買してるのが、私の仮想通貨人生です。

普通に日本の取引所で買えるメジャーなコインを買ってコツコツと稼いだりデイトレで張り付いて稼ぐっていうのも一つだと思うのですが、それって金持ちのやることです。

8桁運用ならそれでも満足する利益をとることもできると思いますが、6桁7桁の小金でちょっとした利益だした所で、税金を気にしてビクビクせなあかんとか養分すぎます。

ということで、今リアルタイムで上場前のコインで夢をみれるコインを見つけたので、ご紹介させて頂きます。

ずばり!!!

Filecoinファイルコインです。

これは2017年あたりのICOで盛り上がってた頃に金持ちしか参加できないICOで開始1時間で200億ドルあつめた伝説のコインです。

ICO祭りになってた当時は、ガクトさんが始めたガクトコインとか、マルチ勧誘で実態なくほんまにねずみ講みたいになってた新規ICO詐欺案件みたいなのが多かった中で、とんでもないコインでした。

当時、ICOのハードルが低かったので、ちょっと金もってる詐欺師グループなら新しいコインほりまっせ〜っていうて勧誘してお金集めてトンズラができたのです笑

そんな当時、このFilecoin、AngelList社のCoinListというサービスを通じてICOを実施して厳正なる投資案件と言われて通りで、

年間で20万ドル以上の儲け、もしくは1億ドル以上の資産を有する投資家にのみ投資する権利が限定されていました。

だから流行るわけもなく、普通の人は誰もしりません。

そもそもファイルコインって何??

この説明は詳しく書くとチンプンカンプンになって画面を閉じることになると思うので、めちゃくちゃ噛み砕いて簡単に説明します。

今のインターネットって、httpとかhttpsとかで構成されていますよね?

このブログもそうですが、サーバーを借りてそこに作ったページをアップロードすることで、http://~~~っていうアドレスが割り振られてインターネットにつがってる環境であれば、世界中どこからでも見れる状態になる。

これに何も問題ないのですが、サーバーにすべて依存してるので、アクセス多すぎてサーバー落ちるとか、重くなって表示速度おちるとかそういう問題がありました。

個人的に言うならば、ナイキとかアディダスのイージー発売とか、最近でいうとマスクの発売時とか、switchの発売とかそういうアクセス過多の時にページにつながらなく具合悪かったけど普段は問題なかった。

でも、これからの時代5Gになって自動運転とか現実のものになろうとしていますよね?

自動運転で回線遅くなるとか、サーバートラブルとかトラブルが起きては、死亡事故につながる大問題です。

ですので、これを解決すべくブロックチェーン技術の進歩にすべてかかってるといって過言ではありません。

ブロックチェーンも説明すると長くなるので簡単に説明すると長くなるので、中田のあっちゃんのYoutubeの動画で勉強してください。

とざっくりこうなってきて仮想通貨バブルになったわけなのですが…

このHTTPプロトコルにかわる新しい技術IPFSっていうものがあって、簡単に説明すると、データを今までのように一つの所に集約して管理するのではなく、分散して管理してサーバー落ちるとかもなく、耐閲覧性、耐改ざん性も兼ね備えており、世界のデータ量が飛躍的に増えているのを背景に、昨今、非常に注目が集まってる技術です。

今のリアルタイムでは、http://は古くて、普通はhttps://になっています。

これがhttpでもないハッシュタグとかになってくる可能性がるというお話です。

ここからは個人的な見解なのですが、httpに依存してるとサーバーを管理してる大手企業が儲かる。さらにデータを独占できる状態なのが今の現状なので、言うてしまえば利権みたいものがあります。

それが、この分散型になってしまうと、大袈裟に言ってしまえば、誰でもどこからでも管理できて見えてしまうので、誰か一人(企業)が独占するっていうのが難しい世界になってしまいます。

そうなると利権もってる人達は抵抗しますよね。もちろんです。

だから急に全部が入れ替わるってことはないと思いますが、データの量も処理しないといけないこともどんどん複雑になっていってるので、サーバー管理型だと追いつかない。httpなんて古いよね〜っていう時代は必ずくるけど、まだ先かなとは思っています。

例えば、Facebookを例にあげます。
Facebookは今や当たり前となったSNSサービスで、ユーザーを確保し収入を得るということをインセンティブに、膨大なテキストや画像、最近では動画コンテンツデータを自身のサーバに保存します。

一方で、IPFSはコンテンツを保持する者とそのコンテンツをもとにビジネスを行う者が一致するわけでなく、それぞれを結びつける必要があるのです。

そのような背景から、IPFSのシステムをより拡大、普及していくための設計としてファイルコインの親和性が高く、今やなくてはならない仕組みとなっております。

そんな新しい技術IPFSのシステム維持に必要な技術がファイルコインなのです。

ちょっと意味分からないですか??

はい。

まとめると、

httpが限界きて、その次はIPFSっていうのが普通になって、それを維持していくのにファイルコインの技術が必要っていう感じです。

信用の担保としては、まずICOに厳しいアメリカでICOできてる。

これがまず1番の信用の担保で、期待度はマックス。

その金持ちしか投資できないICOで、世界的に有名なSequoia CapitalやY Combinator、スタンフォード大学とか出資してて1時間で200億ドル集めてるのが期待の証拠ですね。

期待というか、将来的に必要となると考えているのでしょう。

単純にいってしまえば、今までブログの記事をつくってそれをサーバーにアップロードしますよね?その度にファイルコインが必要っていう世界になる可能性があるということです。

実際は、そんな面倒なことはなくて今までのようにサーバー屋っていうのはなくなるけど、そのサービスの管理会社が必ずついてくるので、その会社がファイルコインを所有することになって、月極めとか容量とかでユーザーが先にお金を払っておいてアップロードという流れになると思います。

現状としては、ICOでお金を集めて、開発すすめていってようやく上場の目処がたった所で、僕たちが出資するチャンスが到来しました。

早い所だったら6月とかから縁故募集が始まってるのですが、7月になって増えてきて、8月で結構増えてきてるなっていう状況です。

まだどこもテスト段階なので、おそらく10月頃から本番開始という流れになると思います。

 

リアルタイムの今は、まだ上場していないので売買することはどこでもできません。

ただ、先物といって上場する予定の取引所では実態はないけど、将来上場した時のコインの取引が行っています。

僕はGateという香港の取引所にアカウントをもってるので、実際に買えるので5000円分くらい買ってみました。

まだ上場してない先物なので、もちろん損するかもしれないので投資というよりも試しにっていう所です。

とりあえず見た時に、売りに出てる所でさくっと買っただけなのですが、1番上の段で説明すると、21.88usdt→2.137ファイルコインに交換したという意味です。

チャート的には、

こんな感じです。

香港の取引所で、日本人向けじゃないので日本語対応してませんのでわかりづらいですが、まだ現物を触ることができないので、ウォレットにいれるとこもできない状態での取引だけど、Gateには上場するのが決まってるという意味でとらえてもらったらいいかと思います。

単純に今は、1ファイルコインが25usdtと交換できる状態ってことなので、僕がかった時より上がってます。

usdtっていうのも聞き慣れないかもしれませんが、これも一様仮想通貨でドルに連動してると簡単に思っておいたらいいかなと思います。

ビットコインの値動きは激しいですが、テザー(usdt)はドル円と同じ感覚で1円2円動くことが稀なくらい変動があまりなく安定しています。

感覚的には、1usdt=105円~107円くらい

これを見せたのは、昔流行ったようなICO案件で、上場する予定やからっていうて詐欺みたいに金集めて、上場できませんでしたみたいなことはないってことの証明です。

たしかに先物で25usdtつけたからといって上場してからの値段はまったく関係ありません。

10倍になることもあるし、1/10になることだってあります。

ただ、このファイルコインの将来性を考えたら、少なくとも先物価格くらいには落ち着く。

将来的には1ファイルコイン1万円くらいまでは可能性あるというのが、現状っぽいですね。

こればっかりは需要と供給なので、わかりませんので私は先物価格の1ファイルコイン1500円くらいを目安に考えています。

上のチャートでいうと25usdtなので105円換算でいくと、1ファイルコイン2650円とかなのですが、高値で計算して暴落したらショックうけますからねw

これが現状です。

そしてここからが本題です。

今、日本でこのファイルコインのマイニングに参加できる会社って大きく分けて6社かなと思います。

EFILE(MLM)
マイナーとしてのレベルが高く常に上位のマイニング量を誇る。ここがおそらくNO,1のマイニング力です。ただ、MLMなので多少高めです。ただその分、グルチャ等サポート体制がちゃんとあってわからないことはすぐに答えてもらえるメリットあり。仮想通貨、特に海外でしか取引されてないコインを取り扱うのに慣れてない人はここがオススメ。

chaintalk
世界的にみたら1番信頼度のある会社で、マイナーパフォーマンスで常に上位。独自のウォレットもつくれる会社なので玄人はここ一択かなと思います。私も自分でGateで取引してるのでここでもレンタルスタートしました。

RRmine
日本のマイニング大手の会社で間に入ってる会社がなく直接なので価格は安い。国内でマイニングの大手で虎ノ門に会社がある堅い会社。あとはファイルコインのマイニング力がどうなっていくか。

ーーーーーーー

IPFS cloud
入り口が16.8TB/70万からとなかなか高め。ただ契約自体は3年契約と長め。
家庭用のマイニングマシンの販売もやってる。

ファイルコインマイナー
大手ですが、日本の先駆者ですが若干高いし、後から出てきた会社の方が有意なプランで負け傾向

ファイルコインV(MLM)
1unitうりで値段が77000円→88000円と上がっていっており、紹介者だしてなんぼでその分高いです。

この6社で、下の3つに関しては選択肢に入りませんでした。

上の3つでなやんでいて、最終的にEFILEで本線でいこうという結論になりました。

https://filscan.io/#/home

これがスペースレースといって、マイナー達がどれだけファイルコインをぼれるのかっていうレースを8/25~3週間の期間で競いあって賞金もでるような公式の大会みたいなものです。

実際の画面がこれなのですが、Tagっていう所に名前が入ってるのが会社のマシンの名前で、

1475IPFSっていうのがchaintalkの一つ、先河っていうのがEFILEの一つ、RRmineっていうのがRRmineの一つのマシンということです。

このスクショしてるのが、8/29なのですが、まだまだどこも本気を出していない状況ではあるものの、だいたいこの3社が上位を占めることになります。

他の会社もそうですが、マシンを何個も同時に動かしてるので合計とかも大事になりますが、とりあえず一番動かしてるマシンがトップ性能だと思うので、瞬間の順位の切り抜きは意味はなくてトータルの量を比較する必要があります。

どれだけマイニングできるかっていうのは、これを参考にします。

あとは、サポート体勢ですね。

個人的には、上の3社にすべて1TB投資してみてわかったのですが、分からないことが多い!!!

これをこうしてこうしてっていうやり方とかいうのって説明してくれる人がいませんからね。

EFILEはMLMなので、誰かの紹介じゃないと入れないのが大前提としてあるのでグループチャットがあって毎日100人ずつくらい増えてる印象です。

さっきみたら1100人くらいだったかな〜

これが第一募集の段階で、縁故募集なので MLMといえ今なら上の人にめちゃくちゃ稼がせるみたいな損した気分にならずに入れる。

今後たぶんマイニングとか換金とか情勢とか、上場するにあたっての進捗とか色々と気になることがでてくると思うのですが、そのグルチャに入っていれば情報をそこからもらえるっていうのは、かなりのメリットだと思います。

MLMで稼ぎたいっていう人は、プランとかもほとんどないような縁故募集段階なのでまだ参入は早いと思います。

もう一つのMLMの会社とくらべるとマイニング力がすぐれてる時点で、EFILE一択。

今は身近な知り合いのみの縁故募集で、残りの1000TBくらいの募集で第一次募集が終わって、2次募集はいつから始まるかは未定。

※8/30の公式の発表でキャンセル分がリストックされて1800くらいで1次募集終了とのことです。

おそらく次の募集は金額が同じプランで15%くらい金額が上がるか、6万→7万になるイメージです。

あと1次募集で入るメリットとしては、10月本番スタートとするとそのスタートの時に自分がレンタルした機械を稼働してくれるということです。リスクが一番少ない。

★ E-File縁故募集概要★
【FileCoinマイニング】

👉新時空グループ(先河系統技術責任者であり。本案件の運営)
✅先河系統(FileCoinトップ企業)
✅フューチャーアップ合同会社
✅(株)フィルコマンド(日本国内マイニング専業企業)

上記の4社が正式に提携し、世界トップの技術力と信頼性をもって皆様へFileCoinをお届けできる次第となりました。
※合意書は添付資料に添付しております。

File Coinとはwebの「http」に変わる最新技術(IPFS)であり、ブロックチェーンとは異なる分散型技術です。詳しくは添付資料をご覧ください。

🌈停滞していた仮想通貨の世界において、全く新しい時代がスタートします🌈

皆さまがE-FileでFileCoinマイニングをするメリット。
✅世界でもICOに対して非常に厳しいアメリカにおいて、唯一認められたコインとなります。
✅アメリカの審査が厳しい事で知られるベンチャーキャピタルが出資しております。
✅【E-File】は、提携先企業間で技術、人物、関係企業等、本物か偽物かチェックをしております。最近、FileCoin側からも日本で、紛い物が多発していると注意喚起があったばかりです。お気をつけ下さい。
✅先河系統はFileCoinを最も効率よく、マイニングしている世界トップ企業です。代表の張氏と打ち合わせを重ね、数億円分の縁故枠を確保しました。8月の募集で参加された皆様はいち早く、安く、マシンを稼働させれます。9月以降に参加された方は条件が変わる可能性がありますのでご了承下さい。
✅8月中に参加された皆様は、仮にFileCoinの掘れ高が10分の1になったとしても早い方で3.6ヶ月で原資を回収できる計算です。それだけ8月中に参加された皆様は早期回収が見込めます。
※先物価格=1,500円にて計算
✅【1年の権利】ではなく、弊社は【マシンが寿命を迎えるまでの権利】を販売する事ができます。※マシンの性質上、2-3年で寿命を迎えることは考えにくいです。ご希望の方は購入申込時に永久権利を選択下さい。

⚠️買取保証付き⚠️
仮に2年以内に、元本回収できなかった場合は、マシンの権利、お渡ししたFileCoinを全てお戻し頂く事を条件に、購入金額を全額BTCでお戻しします。
⚠️交換サポート付き⚠️
上場先は、当初日本人が取引きできない取引所になる予定ですが、我々の中国、アメリカルートにて売却のお手伝いを致します。

また張氏監修の元、日本にマイニングセンターも建設予定です。こちらも条件をクリアした皆様にはご覧頂こうと考えております。

1T(テラバイト)
6万円から1年レンタルになります。
注)9月より1万ほどの値上がり有り

倍の価格にすれば永年保証(寿命的に2~5年)となり、
途中システム変更など無い限り永続的に採掘されます。

コインの採掘量は機械の能力に比例するのですが、マイニング参加企業が増えれば増えるほど1社の採掘量が減っていきます。ですので、テストネットの採掘量がそのまま通用するという事は基本的にあり 得ません。では、どれくらい効率が落ちるのか…これは誰にも正確な予測がつきませんが、IPFS参加企 業やマイニング機器の部品流通にも詳しい張氏は「最悪の場合として10分の1に下がる事を想定」と発表しています。

また、コインの価格についても、確実な予想は誰にもできません。
しかし、過去にCOINBASEで取り上げられたコインの価格推移や、ICO参加者のロックアップ解除の期間設定や、先物市場における流動性と1日あたりの採掘量の関係性…などからある程度の予想を立てる事はできます。張氏の直近の公表では以下のように公言されています

現状維持シナリオ➡️ 1FIL =1,500円
好調シナリオ  ➡️ 1FIL =5,500円
絶好調シナリオ ➡️ 1FIL =9,800円

上でのせたGate参考の通りで先物価格で1500~2500円ほどで推移してます😊

☆☆E-FILEスタートプラン☆☆

✅テストネットの数値通りの場合、1T=110枚前後/月
※メインネット移行後、掘れ高が変動する事もございます。
✅現状、先物価格=1500円前後
※上場後、コインの価格が変動する事もございます。

★口数ボーナス
(自己T数+ダウン総T数=合計T数=口数)
※直紹介2人以上が条件
※FileCoinの配当原資の20%

★特別シェアボーナス
自己購入金額+ダウン購入総額
上位20名でシェア
※FileCoinの配当原資の10%

★直紹介料(縁故期間コイン追加キャンペーン)
1T(1年)⇒10%+ファイルコイン2枚
1T(フル)⇒10%+ファイルコイン4枚
5T(1年)⇒12%+ファイルコイン10枚
5T(フル)⇒12%+ファイルコイン20枚
20T(1年)⇒12%+ファイルコイン40枚
20T(フル)⇒12%+ファイルコイン80枚
50T(1年)⇒12%+ファイルコイン100枚
50T(フル)⇒12%+ファイルコイン200枚
100T(1年)⇒15%+ファイルコイン200枚
100T(フル)⇒15%+ファイルコイン400枚

こういうプランです。
直紹介2人以上したら紹介料がもらえるっていうのがプランとしてついていますが、まあこれをなしにしてもサポート体勢とか盛り上がりとか、参入時期として一次募集で縁故枠で入れるっていうのを考えたら、来年、再来年とかにこのコインが話題になったりした時のドヤっとできる案件であるのは間違いありません。

個人的には、とりあえずボーナスをもらえるランクにするために、メインアカウント→嫁、子供とかのアカウントつくっておこうかなと思っています。

MLMって下につけて、その下にも人がついてっていう流れで儲けれるけど、これは縁故枠なので直接知り合いに紹介した分しかありませんので、MLMでの不良所得みたいなのは期待しないでください。

もっと詳細が欲しい場合は、パワーポイントもあるのでさらにDMもらえたら送りますのでお気軽に!!

参加したい場合も、改めてDMください。

買取保証が下記条件つきですが元本保証があります。
永年20TiB以上お申し込みのユーザー様を対象に、お預かりし た代金の元本を補償いたします。採掘量の変化やマーケットの変遷、その他戦争や天変地異を含むあらゆる理由に関わらず、 「20TiB以上の永年保障プランにおいて、2年経過時点で原資回収できていないようならマシンを買戻した上で契約や資産状態も全て白紙(契約前)の状態に戻す」というものです。その差額をE-FILEの責任でビットコイ ン等でお支払いいたします

換金代行
FileCoinは既にCoinbaseやGeminiといった世界トップクラスの信頼を 誇る仮想通貨取引所に上場が内定していますが、これらは日本居住者は利用できません。したがって、日本居住者の方々は上場直後のお祭り相場でのコイン売却に参加できない可能性が非常に高いです。 我々は本来、掘れたコインをそのままユーザー様に送信し、売却に関してはお客様次第という営業をしておりますが、このお祭り相場を利用し た早期の元本回収を是非とも成功させていただきたいため、ご希望の ユーザー様については、我々が中国もしくはアメリカの市場での売却の お手伝いをさせて頂く事が可能です。(※5T以上お申込みの方)

なお5Tからの方からサポートになるみたいです。
5T未満のお客様に関しましては、一見サポートが無いように見受けられますが、特別の記載がないだけで、そもそもの基本としてマシンのメンテナンスや維持管理に関しては等しく全ユーザー様へのサポートとして用意されております。

また、いち早い回収というジャンル(換金代行)についてのサポートですが、そちらの方につきましても、上場先にアクセスするための「工夫」(としか申し上げられず申し訳ありません)であったり、実際の登録方法から入金・売却・送信までを解りやすく画像でアナウンスさせて頂いたりサポートは丁寧です。

このあたりはGateで上場もしてくれたら私の方で代行することもできますし、Gateは日本人でも現時点では口座開設できるのでご自身でされておくのも一つだと思います。

登録方法

登録フォーム

https://form.e-file.me/

紹介者アドレス

keibayosoubuur@gmail.com
これを使ってご登録いただけましたら、私がサポートさせて頂きます。
ファイルコインの話、競馬、競馬界隈のネタ、ビジネス、小遣い稼ぎ案件をグループつくって共有させて頂きます。