Pocket

今回はきさらぎ賞2019の一週前追い切り調教診断と外厩データ含めての全頭分析を書いていきたいと思います。

予想オッズ段階では、ヴァンドギャルド、アガラス、ダノンチェイサーあたりが人気になりますが、

比較的堅くおさまるレースになりがちなこのレースですので、過度な穴馬を狙うのは難しいですね。

今年も例年通りになると思いますので、人気サイドの馬でも三連単で絞っていきたいと考えています。

この時期になってくると血統じゃなくて、馬の力がバレてくるのでやっぱり強い馬が人気しちゃうんですよね〜あとは使い分けもありますしね。

このレースの個人的な注目はアガラスですね!

前走、東スポ杯で本命で狙っていましたし、その時の対抗が朝日杯2着のクリノガウディーだったのでよく覚えています。

2歳重賞は馬の力がバレてないので、派手な馬に人気集まってアガラスとかガウディのように地味な馬は隠れて人気しないから美味しいんですがね〜

アガラスなんて7番人気で、ガウディに至っては12番人気でしたからね。

僕のスタイルで全頭分析で全レースもしっかり分析して追い切りみて状態面みてやっていくと、こういう馬は見逃さないんですが…外人騎手が邪魔してくるのが現実ですww

ヴァンドギャルドに関してはそこまで評価してないのですが、このメンバーなら通用しちゃうんですよね。

どちらも今回は人気してきて、ダノンチェイサーはPOG馬で元々走ると思ってる馬。

この3頭のうち1頭飛んでくれないと困るのですがね〜人気被ってくる分で1頭でも変な馬がきたら三連単は跳ねると思うので、それを期待して穴馬を探していきましょう!

LINE@で平場の穴軸馬の配信と「通称ガチパット」の買い目を随時配信していきますのでよければご登録お願いします▼▼

穴軸で狙える波乱含みのレースを穴軸での推奨買い目を配信スタート!!
一発狙って10万馬券、100万馬券を狙ってみたい方はぜひとも参考に▼▼

スポンサーリンク







【PR】


▲▲愛知杯も的中で絶好調でアクセス集中している新サイト▲▲
AJCCに高配当に続き愛知杯も大的中し、先週に続いて3週連続で的中させています。
リスク管理と継続投資を重視した、新しいタイプの投資競馬サイトで、
独自指数を導き出し、直近3年データでは、回収率183.4%~265.1%の実力。
一発大逆転の競馬予想よりも、堅実に資金を増やしたい方にオススメです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


それでは各馬見て行きましょう!!

アガラス

1/25 坂路 56.6-41.6-13.6

外厩帰りでいきなりレースっていうくらいで、仕上がってるんでしょう。最終追い切りも軽めにしてくるのかなと思っています。

<外厩>

前走同様、ノーザンファーム天栄からのレース

<特徴>

京都(0-0-0-0)
1800m(1-2-0-0)

前走は本命うちましたが、スタートは普通にでて控える形で中団の後ろからと今までとは違う競馬。直線はコース探してウロウロして決してスムーズではなかったけどラストは切れ味あって2着まで差してきました。負けたニシノデイジーは先にコースがあいて粘りつよく差してきたし、3着ヴァンドギャルドはスムーズに進路確保して先に伸びてきたのを抜いたのは、この馬の地力だと思います。今回は京都の重い馬場への対応ですが、洋芝でも走ってるように問題ないとなると今回も主役級だと思います。

ヴァンドギャルド

1/27 坂路 59.5-42.7-13.4

ホープフルは外厩できましたが、今回は在厩でしっかり乗り込まれていますね。
早い時計は出していないので、現状での仕上がりに関してはまだ未知数ですね…コースと坂路を併用タイプなのでコース追い切りの映像がみたいですね。

<外厩>

前走グリーンウッド、今回は在厩でのレース

<特徴>

京都(0-0-0-0)
1800m(0-0-1-0)

前走は重めの印で狙っていきましたが、最後方近くの位置どりになり早めに動いて4角で先頭車亭の位置にいましたが前が詰まって不利。これは仕方ない敗戦でしたね。
東スポ杯の時は太めと思ったけど気のせいかと思いきや、ホープフルでは引き締まってましたのでやっぱり東スポは太めだったってことです。なので、そこ使っての今回はさらに
上積みもあるんじゃないと思うと、パワーもありそうな馬ですし今の京都馬場も味方して弾けそうだと思っています。今回はミルコですしへぐらないでしょう。

エングレーバー

1/24 坂路 54.6-39.7-12.5

前走の前が坂路で自己ベストタイムを出してきており、一週前もしまい重点でいい時計だしてきていますね。さらに上積みありそうです。

<外厩>

前走同様、ノーザンファームしがらきからのレース

<特徴>

京都(1-0-0-0)
1800m(0-0-0-0)

新馬戦は京都2000mでスタートで立ち上がったりしてる間に出遅れ…二の足が早く、いきなりスピードのって中団でレースに収まると、直線外にだして差し切り勝ち。負かした相手も次走3着と他の馬もボチボチなのでレベルは普通の所を出遅れ差し切りなので力は評価できる。前走は中山2000mでスタート出てそのまま先行、直線早め先頭でそのまま勝つレースで地力ありますね。負かしたエングローザーはメイショウテンゲンともやっており、この馬の方が上かなという印象ですね。

コパノマーティン

映像データなし

<特徴>

東京(0-0-0-1)
1800m(0-0-1-0)

芝でもダートでも足りませんね。今の京都ならもうちょっと見せ場つくれるかもしれませんが現状でどうこうできる感じでもないかなと思っています。

サンアップルトン

1/23 美浦坂路 55.2-40.8-13.6

<特徴>

京都(0-0-0-0)
1800m(0-0-0-1)

新馬戦は中山1800でスタート普通で、スローで包まれて厳しいレースになりましたが折り合っており外にだして、最後は詰めてきて4着までとなかなかレースセンスがありそうな馬でした。前走は中山2200mでスタート出て今度は前にいきましたね。頭高い走り逃げ馬の後ろで折り合って運び、なかなか直線進路あきませんでしたが相手から一気に抜け出す勝ちと賢いですね。馬体も前走は筋肉が一気についてきていましたが、まだ腹回り絞れそうでしたし一度使ってここなら上積みは期待できそうですね。

タガノディアマンテ

1/23 坂路 54.2-39.7-12.6

この時計がこの馬の坂路自己ベスト時計ですね。成長して帰ってきてると考えていいと思います。

<外厩>

前走同様、宇治田原優駿Sからのレース

<特徴>

京都(0-0-0-1)
1800m(1-0-0-1)

新馬戦はこの馬を本命にしていましたが、京都1800でスタート出て先行するも、4角で手応え怪しくなりながらものびてきましたが差されて4着。2走目が東京1800でスタートちょっとはずし気味になって中団からの競馬になりましたが、内をついて上がっていって先行、直線は狭い内をついて抜け出してヨレながら突き放す強い内容。前走はエリカ賞で、スタートイマイチも少頭数で内先行でエールヴォアの影踏めず後ろからブラヴァスにさされて3着。エールヴォアはアルテミス3着馬でもありますし強い馬なので、着差がそのまま実力かなと思っています。成長がどこまでかにもよりますが、ここの上位組よりも1馬身後ろが実力かな…



ダノンチェイサー

1/27 坂路 56.5-40.8-12.8

外厩帰りなので追い切りは軽めでしょうね。

<外厩>

前走在厩で、今回はノーザンファームしがらきからのレース

<特徴>

京都(0-0-0-0)
1800m(1-1-0-0)

池江さん所のディープ産駒らしい馬ですのでCWで好時計だしてくる感じですね。皐月賞→ダービーへのステップ考えて1番いいローテのきさらぎ賞でいつも出してきますね。
POG馬に指名している通り素質馬だと思っています。サトノダイヤモンド系の典型的なディープ産駒で軽い芝がいいと思うので、京都の今の馬場でハイパフォーマンスは望めませんが地力で何とかしてくるかな〜どうかな〜っていう感じですね。
サトノアーサーよりも切れ味感じないんでね〜それでも母系からもマイラーっぽいしね。こなせたら皐月賞で、ダメならNHKマイルのここは試金石にはなりますね。

ハギノアップロード

映像データなし

<外厩>

全同様、チャンピオンズFからのレース

<特徴>

京都(0-2-0-1)
1800m(1-1-2-1)

2走前の阪神1800で、中団から外を回しての差し切りをみて掻き込みよくていい馬だなと思って注目馬に入れてます。前走は、少頭数で出入りが激しい競馬になって結局後ろから外まわって差してきましたが切れ味がなくて頭上がって一回止まってしまったので離されましたね。負けた相手ロジャーバローズはアドマイヤジャスタの0.2負けの馬だから、なかなか強い馬だったと考えるとこの馬もそこそこヤレる馬だと思います。

マコトジュズマル

映像データなし

<特徴>

京都(1-1-0-0)
1800m(0-0-1-1)

前走はヒーリングマインド自信度Aで出した馬に勝ったのがこの馬ですね。絶好の好位からロスなく走ってきて展開も味方しての楽勝でしたね。ワンペースぎみで走る馬なので第一にスムーズに走れることが大事なんですよね。急にラップが早くなったりすると厳しいタイプで、今の時計がかかる京都は最高の舞台ですのでスローの上がり勝負は全然ダメだから今回はハナいくんじゃないかなと思っています。前走はモズハチキンが早めのラップでいって離れた3番手でスムーズに自分のラップふんでいけたのが勝因だと思います。
今回もハナいってマイペースならチャンスはあるかもしれませんが…理想は前走のような控えて追走でしょうかね。

メイショウテンゲン

映像データなし

<特徴>

京都(0-2-0-0)
1800m(1-2-0-0)

新馬は京都1800でジャンピングスタートで遅れて後方から大外ぶん回して2着まできたのは強かったですね。2戦目も同じコースで同じくジャンピングスタートで内ラチ沿い差してくるも切れ負け2着。負けた相手は大したことない馬。3戦目もスタートをヌルッと出て後方から大外ぶんまわしで差してくるもヨレて3着。前走がヒーリングマインドとか出てたレースで対抗うってましたが、また出遅れておっつけていって中団まで脚使って追い上げ大外ぶん回しでくるもまた大きくヨレて立て直して差し切り。負かしたアンクルテイオウはまあまあの馬なのでこれは価値あるレースでしたね。この馬は、スタート出て、ヨレなければかなり強い馬ですので突き抜ける可能性はありますが、メンバー的にまたヨレたらこぼすでしょうね。

ランスオブプラーナ

映像データなし

<外厩>

前走が宇治田原優駿Sからで、今回は在厩でレース

<特徴>

京都(0-0-0-0)
1800m(0-0-0-0)

新馬戦は中京1400で枠を利してハナで切れ負けはしましたが番手の馬に並ばれても差し返したのはいいですね。2走目は阪神1400の稍重でオレンジ帽子だったので控えて3番手から圧勝。前走は中京1400でスタートよくもオレンジ帽子で番手で控える形になり詰めてきましたが差し切れずハナ差2着。パワーあり坂も問題なしの1400ならかなり上位の馬だと思いますが、ここにきて1800を試しにきたんですね。母系が短距離ダート馬で、サドラーズ系の父ってことは完全にパワー馬ですよね。条件が好転するとは思えません。馬場はマッチしますしハナはこの馬かな。



一週前追い切りと全頭分析をみて買いたい馬は、いつも通りブログランキングで発表したいと思います。

ある馬をモノサシに考えるとこの馬とヴァンドギャルドはだいたい同じくらいの戦力にあって、今回はこっちの方が展開向くでしょうし人気もそこそこになりそうなのでピックアップしたいと思います。今の馬場でも期待できますし面白い一頭です。

その馬B馬とは→人気ブログランキングへ

—【PR】————————————————————————————————
あなたのもしも…が現実になるってどう思います?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キャンペーンに参加せず「無料情報」だけの利用なら

”イフ”の利用費は永年無料!

一切の費用はかからず毎開催「ゼロ」円でご利用頂けます。

しかもこれまで無料登録の募集は止まっていたのですが

なんと今回30名様限定での募集を再開!

結構これヤバいことですwww

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

更に!今すぐ登録して頂くと

10,000円分のポイントをプレゼント!

ただでさえ当たり過ぎてやばいんですよイフって…。

だからこそこれまで無料会員募集がストップしていたのですが

さらに限定30名様には登録しただけでサイト内で使用可能な

10,000円分のポイントが付与される。

はっきり言って入会しないほうが損ですよ!

登録は下記からメールアドレスを入力するだけ。
簡単、手間なし、そして無料。
※先着30名様ですよ。

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 実際に的中した過去の実績の一部 ■

<1月6日>
◆中山5R 3歳未勝利
┗3連単 12−09−04
┗各1000円
獲得配当【197万6000円】

<12月16日>
◆中山08R 3歳上500万
┗3連単 12−10−08
┗各1000円
獲得配当【320万8000円】

<12月9日>
◆中山8R 3歳上1000万
┗3連単 11−12−01
┗各1000円
獲得配当【217万4500円】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

G1や重賞などのメインレースで、

ガチガチの結果をお届けするのはどこの会社でも可能です。

本当に宝の山と言えるのは裏開催や平場レース。

今週もイフの独占情報で、他社には絶対に不可能な「結果」をお届け!

▼登録は無料!30名様限定での募集▼