Pocket

今回はチューリップ賞2019の一週前追い切り調教診断と外厩データ含めての全頭分析を書いていきたいと思います。

予想オッズ段階では、ダノンファンタジー、シェーングランツ、ノーブルスコアあたりが人気になりそうですね。

ここは桜花賞へ直結するレースで毎年好メンバーが揃うことが多いのですが、今年は阪神JF勝ち馬ダノンファンタジーのみで4着シェーングランツが出てきてるくらいですね。

つまり今年は結構面白いんですよね。

ただね〜やっぱり2歳重賞出て好走してる馬の方が当然、馬としての出来の早さがあってここでも順当に好走してくる時期であるので、波乱はないんだな〜

ダノンファンタジーだってそんなに抜けて強い馬だとも思わないけど、メンバーみると1番人気は妥当な所なんですよね。

ただまあ賞金面も十分ですし、桜花賞にその次まで考えてるなら、余裕もった仕上がりだと思いますので取りこぼしに期待しつつ穴馬でチャンスがありそうな馬がいたら、

しっかり見極めて狙っていきたいと思います。

LINE@で平場の穴軸馬の配信と「通称ガチパット」の買い目を随時配信していきますのでよければご登録お願いします▼▼

穴軸で狙える波乱含みのレースを穴軸での推奨買い目を配信スタート!!
一発狙って10万馬券、100万馬券を狙ってみたい方はぜひとも参考に▼▼

━【PR】━━━━

▲▲▲賞金あるトーナメントも開催されているリアルマネーで戦うオンライン麻雀▲▲▲



それでは各馬見て行きましょう!!

アフランシール

2/17 美浦坂路 54.9-39.3-12.8
2/24 坂路 56.1-41.2-12.7

一週前から栗東入りして乗り込みですね。このパターンは毎年好走してるので警戒はしておきましょう。

<外厩>

前走在厩、今回は大山ヒルズからのレース

<特徴>

阪神(0-0-0-0)
1600m(0-0-0-1)

それなりには力はある馬ですので500万下勝ったように、オープン勝つくらいの力はあると思います。ただ重賞となると荷が重い。新馬で負かしたディキシーナイトもオープン勝ちしましたし、前走もアゴベイを負かしたのですからそれくらいの力があるのは間違いないですが、メンバー次第ですね。上位人気2頭とは0.5s以上の差はあるかなと思っています。

オーパキャマラード

映像データなし

<特徴>

阪神(0-0-0-0)
1600m(0-0-0-2)

本質的には短距離馬だと思っていてまだその域を脱していないので、ここで重視するつもりはありませんが前走のようにスタートよかったらハナいきそうだし舐められて逃げ残りなんてされたら笑えないかな。前走1600でも止まってるわけじゃなくて切れ負けっていう雰囲気なので距離に関しては持つのかなという印象です。

ココフィーユ

2/24 美浦坂路 57.8-41.9-13.5

いつ輸送になるのかですね。在厩で一週前に軽めでっていうのはどうかなのかな…これで輸送で最終追い切りが栗東だったらいいんだけどね。

<外厩>

前走山元トレセン、今回は在厩でレース

<特徴>

阪神(0-0-0-0)
1600m(0-2-0-0)

初めての輸送を乗り越えてこれるかですね。430kg台と小さい馬だから馬体減りがないことが第一条件ですね。前目につけてそつない競馬をしてくるのがこの馬の醍醐味でありますが、阪神の坂でどうかっていうのはちょっと不安はありますかね。馬格ない馬の阪神はどうしても気になってしまう。まずは最終追い切り見て、あとは馬体重チェックかな。

サムシングジャスト

2/23 坂路 55.1-40.8-12.4

<外厩>

前走在厩、今回はチャンピオンズからのレース

<特徴>

阪神(0-0-0-0)
1600m(1-0-0-2)

前走はスタート遅れてたけどそれでも故意に後ろに下げた感じだったので追い込みを試してみた感じかなと思いますが、展開もむいて大外一気で6着まできていましたね。ちょっと見せ場あったけどシェーングランツとはレベチだったので、さすがにここでは荷が重いと考えるべきかなと思っています。まあ阪神で坂でみんな止まるとかになれば話はべつだけど、シェーングランツもここにいるわけで現実は厳しいと思っています。



シェーングランツ

2/20 南W 71.9-56.1-40.9-13.2 3頭併せ内で馬なり併入

馬なりで併入する意図通りの走りっていう感じですね。いつも通りだと思います。

<特徴>

阪神(0-0-0-1)
1600m(1-0-0-1)

ずっと在厩で乗り込まれる珍しいタイプですね。阪神JFは直前輸送もあってか-8kgだったけどテンションが上がっていなかったので輸送に関しては2回目でこなせるのかなと思っています。前走は内枠でスムーズに加速できなかったロスがあって4着とビーチサンバとならスムーズなら逆転もありそうな力関係かなと思っています。阪神もこなしていますし状態面さえ問題なければここは普通に走ってきそうですね。

シャドウディーヴァ

映像データなし

<外厩>

前走NFしがらき、今回は在厩でレース

<特徴>

阪神(0-0-0-0)
1600m(0-0-0-0)

前走は馬体重こそ変化なしでしたが、馬体はふっくらしていい状態で戻ってきたなという印象でしたので、使ったことでパリッと馬体もしてくると思うので、見直しはできると思います。ハーツ産駒らしいゆったりした馬体で1600よりも2000とかの方が良さそうなタイプなので、そのあたりがどうかですね〜前走レベル考えても負けてたら重賞でどうこうっていうのは厳しいかなという印象ですかね。もうちょっとトモの筋力アップして沈まないと切れ味も期待できないかな〜先には期待できるかもしれないとは思っていますが。

シゲルピンクダイヤ

2/20 坂路 55.3-40.1-12.3

<外厩>

前走在厩、今回は外厩からのレース

<特徴>

阪神(0-0-0-0)
1600m(1-0-1-0)

新馬は京都1600でスタート出て前にいくも3角でうまくスピードのれずだったのに直線入ったらスイッチ入って急に伸びて3着までくる。前走も同じ京都1600で出遅れ、中団後ろから馬群割って伸びてきて突き抜ける内容で本来のパフォーマンスっていう感じですね。そこからの復帰戦なので成長してきてたら面白い。そのまま現状維持ならちょっと足りないかな〜という印象です。坂でも問題なくくると思うので時計かかるようだったらチャンス広がるかなと思っています。

タニノミッション

映像データなし

<特徴>

阪神(0-0-0-1)
1600m(1-0-0-2)

この馬ってカカってるのかそうじゃないのか分からないくらい、追われてからの頭高いし無駄が多すぎるのが現状ですね。道中もっとリラックスして走れて追われてから沈むようになったら
かなり強い可能性はありますが…現状では行きたがって4角までずっと引っ張られっぱなしに見えますもんね〜力温存できないので直線甘くなるのも当然なんですよね。
阪神JFでも内で行きたがったように精神的な問題だと思うからね〜アテにならないけど弾けたら頭まであるようなタイプですね。



ダノンファンタジー

2/20 CW 11.7 単走でラスト追われる

霧で1Fのみだけど追われて加速していますね。

<外厩>

前走在厩、今回はノーザンファームしがらきからのレース

<特徴>

阪神(2-0-0-0)
1600m(2-1-0-0)

まだ連対ハズしてないですし前走も長くいい脚使ってクロノジェネシスを力でねじ伏せましたのでこのメンバーなら力上位で間違いありませんね。
まあ50%くらいの確率で勝つ組み合わせかなと思っています。相手いないもん〜負けるとしたら溜めすぎて前残りに屈するみたいなのしか想像できません。

ドナウデルタ

2/20 坂路 52.3-37.8-11.9

<外厩>

前走同様、ノーザンファームしがらきからのレース

<特徴>

阪神(1-1-0-0)
1600m(0-0-0-2)

前走は坂路の映像みて飛びつきましたがやっぱり大したことないのかなと思う現実ですかね。確かに狭い所に入ってっていうのもあるけどね〜前走メンバーであの競馬となるとここでどうこうっていうのはないかなと思ってしまいますよね。でもまたどうせ坂路の映像みたら買いたくなるんですよね…それ見るまでは軽視のつもりです。

ノーブルスコア

2/24 坂路 57.6-40.9-13.1

<外厩>

前走在厩、今回はノーザンファームしがらきからのレース

<特徴>

阪神(0-0-0-0)
1600m(1-1-1-0)

新馬は新潟1600でスタート出て好位抜け出しできたけどアマーティに差し切られましたね。その後は2戦目で順当に勝ち上がり、紅梅Sはラスト勝負所で内にささり気味で進路変更よぎなくされて3着、エルフィンSは時計的にあれが限界なのかなっていう3着と良い線いくけど足りない。負けてきた相手はそこそこなので弱くはないけど、勝ち味に遅いな〜ここも3着争いでは確かに狙えるけど逆転の1,2着っていうのは厳しいかな…という印象ですね。

ハニーウィル

映像データなし

<特徴>

阪神(0-0-0-0)
1600m(0-0-0-0)

芝になって距離延長でよくなるとは思えないので、ここでどうこうかはないと思っています。



ブランノワール

2/20 坂路 52.9-37.2-11.9

<外厩>

前走同様、ノーザンファームしがらきからのレース

<特徴>

阪神(1-0-0-0)
1600m(1-1-0-1)

新馬戦は京都1400でスタート一息で押していって後方からの競馬になりましたが大外まわして3着。2戦目は1600に延長もスタートまたしくじって後方から大外ぶんまわして4着。3戦目はロケットスタートで番手から直線先頭たって突き放す。前走エルフィンSはスタート普通で先行して粘りこもうとするもかわされ2着。オープンの力はあるけど、重賞クラスの馬とはちょっと力の差があるのが現状かなという印象ですね。

ブリッツアウェイ

映像データなし

<特徴>

阪神(1-0-0-1)
1600m(1-0-0-1)

新馬は阪神1800でスタート出て先行するも4着。2戦目は阪神1600でスタート出て先行、直線外にヨレるけど坂でも止まらず勝ち上がり。菜の花賞もスタート出て先行コントラチェックが引っ張るハイペースでついていけず直線失速5着。前走は京都1400でスタート出て先行早め先頭立つも京都では切れ負け3着。まとめるとスタートが上手いので枠順に関係なく先行はできる。ハイペースなると3角のペースアップについていけないので、スローミドルでロンスパスタミナ戦ならチャンスありということですね。となるとメイショウショウブよりは下かな…

マルモネオフォース

2/24 坂路 58.3-43.3-14.7

<特徴>

阪神(0-0-0-0)
1600m(1-3-0-0)

負けた相手が中京ハッピーアワー+0.2s、中京アドマイヤジャスタ+0.4s、京都ノーブルスコア+0.1s、稍重シトラスノート+0.6sと未勝利を戦ってきて前走京都1600で、ようやく勝ち上がってきましたね。とにかくいつも手応えがない馬でズブいのか絶対あかんやろうと思うような感じから最後は詰めてくる謎の馬なんですよね。根性あるんだろうな〜時計がかかる馬場っていうのは必須条件にはなりますが、接戦になるようなら勝負根性で馬券内に着順あげてくる可能性はありますね。時計的には1.35秒台が限界にもみえるけど…

メイショウショウブ

映像データなし

<外厩>

前走同様、外厩からのレース

<特徴>

阪神(0-0-1-1)
1600m(0-1-2-1)

デイリー杯で本命うって2着に好走してくれたら素晴らしい馬ですね。阪神JFでは消しましたが、ベルスールがカカったことで番手に控えて早め先頭いきましたが、先着された馬達とはレベチ。そうでしょうね〜むしろ無理に内ラチとりにいって期待してたプールヴィルに不利かましてきたことに怒ってますよ。時計がかからないとやっぱり厳しいんですよね。
今の所、日曜はもしかしたら雨降るかもしれないって所が可能性残す感じですかね。良馬場なら厳しいと思います。



一週前追い切りと全頭分析をみて買いたい馬は、いつも通りブログランキングで発表したいと思います。

ダノンファンタジーの相手いないなという印象が強いですが、穴で狙っていけそうなのはこの馬かなと思っています。ここ2戦の競馬みても荒削りながら爆発の可能性も秘めてるのがこの馬。阪神でも走ってくるでしょうし2,3着候補の筆頭はこの馬になるでしょう。人気もあんまりしなそうですし美味しいかもしれませんね。

その馬B馬とは→人気ブログランキングへ

3/1更新

—【PR】————————————————————————————————

『CBD』とはカンナビジオールの略で麻の主成分となります。カンナビジオールは、麻に含まれている植物性カンナビノイドの1つとして知られており、潜在的な可能性を秘めた天然化合物として世界中で注目を集めており、医学・薬学的研究論文が数多く発表されています。