Pocket

今回はフラワーカップ2019の最終追い切り調教診断と外厩データ含めての全頭分析を書いていきたいと思います。

予想オッズ段階では、エールヴォア、コントラチェックが抜けた人気になりそうな組み合わせですね。

それについで、レッドベルディエス、ジョディーが人気してきそうですが、ここもしっかり分析していきかないと、混戦だと思っています。

先週のフィリーズレビューに関してもそうですが、しっかり分析していけばこの時期の3歳重賞は獲れるんですよ。

前走成績だけを見て重賞で好走してるからって人気するような馬に印をうってるようだと3歳重賞はとれませんので、しっかり分析していきましょう。

先週のホウオウカトリーヌとかレッドアネモスとかに印は絶対にまわしたらダメなんですよね。

アウィルアウェイはどれくらいの馬なのか分からないので印を回しておくべきだとは思いますがね。

それでも1番強いと思ってたキュールエサクラは出遅れて外回してスットコだめっていうこともあるのが競馬なんで最後は運に見放されれると何買ってもダメなんですがね〜

そんなこんなで、ここもジョディーが前走好走したから人気するけど果たして?って所からのスタートですね。

エールヴォアに関しては、アルテミスで対抗うってる馬ですし力はあると認めていますので逆らえないかもな…

LINE@で平場の穴軸馬の無料配信を随時配信していきますのでよければご登録お願いします▼▼


2019年 無料Line@で◎で推奨した馬の成績(5-3-5-51) 単勝回収率167%

穴軸で狙える波乱含みのレースを穴軸での推奨買い目を配信スタート!!
一発狙って10万馬券、100万馬券を狙ってみたい方はぜひとも参考に▼▼

スポンサーリンク







【PR】


▲▲私がこの人凄いな〜と思ってる1人である能勢さんの予想が見れる▲▲
個人的に10年くらい前に能勢さんの予想を見たくて入会してた時期もあるホースメン会議はご存知ですか?
たしかにちょっとお高いんですよね〜それでもこれだけ長く続くのは信頼の証◎
今回は、スプリングSの買い目を無料配信されるそうなのでお試しあれ〜


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


それでは各馬見て行きましょう!!

アイリスフィール

3/13 南W 68.5-52.9-38.5-12.9 単走で馬なり

小さめの馬ですがデビュー前からしっかり動けていて引き続き順調っていう感じですね。
もともと動けてる分で使っての上積み抜群っていう感じでもないですがいい雰囲気です。

<外厩>

前走外厩、今回は在厩でレース

<特徴>

中山(0-0-0-0)
1800m(1-0-0-0)

新馬戦は東京1800でスタート出遅れ気味で出していくと前半はカカりまくりでしたが、途中から折り合って早め先頭から押し切り勝ちで、実質余裕で勝った感じですね。タイムも遅く相手も弱かったので判断が難しいですが、魅力はある馬ではありますかね。
まだ未知数なので何ともわかりません。

エールヴォア

3/13 坂路 51.8-37.5-12.5 単走で馬なり

仕掛けられてはいますが馬なりでしっかり最後まで来て自己ベスト時計ですね。
状態面に不安はありませんね。

<外厩>

前走在厩、今回は山元トレセンからのレース

<特徴>

中山(0-0-0-0)
1800m(1-0-0-0)

アルテミスは直線むくまで2,3回軽い不利うけて位置どりがどんどん後ろになってしまったのでダメかと思いましたが最後は差してきて3着。前走はハナいってそのままと世代では上位の力があるのは間違いありませんが、大きな馬で器用さがないので中山でうまく立ち回れるですね。アルテミスは直線長かったからあの位置でも届きましたが、中山だと無理だと思いますのでもう外枠とかでいいんじゃないですかね。

エアジーン

映像データなし

<外厩>

前走NFしがらい、今回は在厩でレース

<特徴>

中山(1-0-0-1)
1800m(1-0-0-1)

おそらく回避でしょう。

エフティイーリス

3/6 南W 66.7-51.8-37.7-13.0 併せ内でラスト追われて先着
3/13 南W 70.8-55.1-39.8-13.2 3頭併せ内で馬なりで先着

一週前は追われて先着しましたが、最終追い切りは馬なりのままで突き抜ける追い切りでいいですね。
重苦しさもなくスッと加速していけるの状態面は問題なし。

<外厩>

前走同様、ノーザンファーム天栄からのレース

<特徴>

中山(0-0-0-1)
1800m(1-0-0-0)

前走も人気しましたが中山適正が微妙と判断して消して4着。スタート出遅れての後方からの4角からのロンスパで長くいい脚使ってきますね。これは想定通りでしたのです。今回はスタート出たらどういう競馬してくるのか分からないけど、また軽視かな〜キレないから紐でいれるかどうかの瀬戸際ですね。



コントラチェック

3/13 南W 67.4-53.1-39.6-13.4 併せ内で馬なりで併入

楽な手応えで並んで併入っていう感じですね。前走時よりも格段によくなっていますね。

<外厩>

前走同様、ノーザンファーム天栄からのレース

<特徴>

中山(1-1-0-0)
1800m(1-0-1-0)

新馬は函館1800でロケットスタートで先行しますがペースアップにはスムーズにはついていけず追っ付けながら追走3着。2走目は札幌1800でまたロケットスタートでハナでそのまま圧勝も相手弱メン。サフラン賞はロケットスタートも控える競馬をさせる意図っぽい感じでカカりまくりで直線向いて差してくるもハナいったレッドアネモスをさせず。前走の菜の花賞はスタート普通でハナいってそのまま圧勝と、現状ではハナいくしかない感じですね〜負けた相手みても大したことない馬達ですので、この馬自体大したことない可能性は十分にありますが、前走のようにハナいってマイペースなら展開向けばそのままっていうのはありますので抑えは必要ですね。

シャドウディーヴァ

3/13 美浦坂 54.2-40.1-12.7 3頭併せ中で馬なりで先着

追えば51秒台の持ち時計もあるくらいの馬なので、馬なりで楽な手応えできて先着と一度使ってる分で仕上がってるということでしょうかね。

<外厩>

前走NFしがらき、今回は在厩でレース

<特徴>

中山(0-0-0-0)
1800m(0-0-0-0)

新馬は東京2000でスタート失敗で後方からになりましたが内から進路とりながら差してきて2着と追われてからが早い。2戦目はスタートも出て溜めて最後の直線で狭い所をきた分か競り負けて2着。3戦目はスタートぶつけられて不利うけたり直線コースなかったりしましたが格の違いで圧勝。前走フリージア賞はスタート出ていつも通り後方から外をスムーズに出して追ってきましたが前が止まらずでそこまでかな〜このメンバーの中だったら上でしょうかね。

ジョディー

3/13 南P 69.8-54.4-40.1-12.3 併せ外で馬なりで併入

前走時もポリでひたが今回も同じ感じですね。今回の方が軽い手応えで状態面の上積みはありそう。

<外厩>

前走外厩、今回は在厩でレース

<特徴>

中山(0-0-0-1)
1800m(0-0-0-0)

前走クイーンカップはスタートでてハナいって自分の形に持ち込んでの逃げ残りで狙い通りでしたね。今回はコントラチェックとの兼ね合いと距離延長と中山替わりとこの馬にとって好転する内容がないので人気するなら嫌う感じかなと思っています。状態面は変わらずよりもよくなってきてそうなので展開が向けば残り目は考えられると思うのですがね。

フラル

3/13 坂路 52.4-38.2-13.2 単走でラスト追われる

これが自己ベスト時計になりますね。ラストは追われて一杯でしたがそれもいつも通りです。

<特徴>

中山(0-0-0-0)
1800m(0-0-0-1)

新馬は小倉2000でスタート出て遅くスピードにのれず後方からになり3角から追われて6着。2戦目が阪神2000で今度は追走できるようになり先行して粘って2着。馬体に張りが出て変わり身があり3戦目でものすごくいい馬体になって勝ち上がり。梅花賞ではなんじゃこれな馬体になて最下位。前走つばき賞ではちょっとマシになってましたが勝ち上がった時からは遥かに下のデキでまったく伸びず7着。叩き3の今回が1番いい馬体で挑んでくると思うのでここでどこまでやれるかですね。明らかに叩き良化型タイプですね。



マルーンベルズ

3/13 南P 68.4-52.1-37.9-12.2 併せ外で馬なりで先着

<外厩>

前走山元トレセン、今回は在厩でレース

<特徴>

中山(0-0-0-0)
1800m(1-0-0-0)

新馬は東京1800でスタートでて中団まで下げて溜めると残り200から加速していって突き抜けて完勝。ピサ産駒らしい筋肉質の馬体ではありますが、まだまだゆるい感じであれだったので今回さらに引き締まってきたらここでもいきなり通用して不思議ないなと思っています。
2戦目なので未知数ですが期待はもてる一頭だと思います。

ミモザイエロー

3/13 南P 69.2-53.8-39.8-12.3 併せ内で馬なりで併入

口割ってるし子供っぽいですね。変わらずという感じでしょう。

<特徴>

中山(1-0-0-1)
1800m(0-0-0-0)

新馬は東京1400で出遅れましたがおっつけて中団くらいですすむと直線追い出して2着まで差してくる。2戦目は中山1600でまた出遅れておっつけて中団から進路もなくなかなか追い出せず脚余して5着。そんなにキレはない。3戦目はようやくスタート出るも大外から徐々に上がって5番手で内にいれて溜めて直線外に出して早め先頭押し切り勝ち。前走東京1600でスタート出て大外枠から3番手で内にいれて、直線外に出して早め先頭押し切り狙うも差されて2着。キレ負けするので仕掛け所次第ですね。

メイショウハナグシ

映像データなし

<特徴>

中山(0-0-0-0)
1800m(0-0-0-0)

新馬は京都2000でスタートあんまりよくなかったけど出していって4番手の外3で回ってくると大きなフットワークでそのまま押し切り勝ち。はっきりいって馬がまだまだすぎるのに素質だけで勝ってますね。後ろの蹴りがまったくついてきてないのに勝ち切ってビビります。そこから1ヶ月でどこまで成長してきてるのかですね。追い切りの映像がみれたらそれで判断できるのですが…

ランブリングアレー

3/13 坂路 52.2-38.4-12.8 単走でラスト仕掛け

この時計が自己ベストですね。軽く仕掛けられて2秒以上時計つめてくるんですからいい状態だと思っています。

<外厩>

前走同様、グリーンウッドからのレース

<特徴>

中山(0-0-0-0)
1800m(0-0-0-0)

新馬は京都1600でスタートでヨレて横の馬にぶちあたりながらなんとか中団にとりついて、押しながら追走で手応えなくなるかと思いきや直線でラストでいきなり急加速して勝ち切る。前走も同じコースでスタートでまたヨレながらもギリギリ耐えて5番手から追ってきて外回して先頭立つも外からもう一頭すごいのがきて2着。時計も優秀ですしもう少し沈んで走れるようになったらいい馬になりそう。



ルタンブル

映像データなし

<外厩>

前走宇治田原優駿、今回は在厩でレース

<特徴>

中山(0-0-0-2)
1800m(0-0-0-1)

新馬は小倉2000でスタートは出て番手から早め先頭から押し切り勝ち上がり。芙蓉Sもスタート出て前にいく所を抑えて馬群にいれてペースアップの時もマイペースにしたことで最後方になり大外ぶん回して坂でヨレて4着。きんもくせいではスタート出て今度は番手で先頭を追いかける競馬をして強気に行くも3角で手応えなくなりブービー。葉牡丹ではスタート普通で控えて中団内を回ってきて内をつくも詰まって6着。前走がすみれSでスタート出て誰もいかないのでハナにいかされてしまってスローのヨーイドンで4着。このメンバーだったらやれるんじゃないかと思うんですがね。

レオンドーロ

3/13 美浦坂路 53.9-39.1-12.7 併せ馬なりで先着

楽な手応えで併せた馬を待ってるくらいの余力残しですね。状態面に関しては悪くありませんね。

<外厩>

前走在厩、今回はビックレッドからレース

<特徴>

中山(1-3-0-0)
1800m(0-0-0-1)

新馬は新潟1800でスタート普通で中団から粘りつよくくるも離れた4着。2戦目も中団から大外まわして先頭立つも外からディキシーナイトに差されて2着。3戦目は前につけてペース早かったけど前も止まらずラージヒルの2着。その後も止まらないけどキレ負けで勝ちあがれずにきましたが、前走ようやく勝ち上がり。順番がきてという印象ですね。



最終追い切りと全頭分析をみて買いたい馬は、いつも通りブログランキングで発表したいと思います。

なかなか未知数な面白い馬が揃った1戦で楽しみですが、まずはこの馬でしょう。典型的な人気落とすパターンですがこのメンバーなら普通に走ってきたら勝てる力あると思っていますが恐らく人気はしません。絶好の狙い所でしょう。

その馬B馬とは→人気ブログランキングへ

【PR・オススメサイト】━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業38年【ホースメン会議】の
 
実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━

 スプリングS(G2) 3連複10点勝負

 5万6390円的中(17年)など
  過去5年で平均配当16296円の
   重賞でプロが買う馬券
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
2/24 中山7R    2万1840円的中
2/23 中山8R    1万1240円的中
2/17 京都11R    1万9630円的中
2/16 ダイヤモンドS     8630円的中
2/10 京都7R    2万3070円的中
2/9  京都12R    2万4750円的中

スプリングS3連複10点無料閲覧方法